反射神経の鍛え方

反射神経の鍛え方|効果があったものだけを厳選

反射神経を鍛えるには

管理人

 

初めましてこんにちは、当サイト管理人のS・Uと申します。

 

私は埼玉にあるメーカーに勤めているアラフィフ親父で、家族は妻と子供が二人、愛犬が1匹の計5人(?)家族です。趣味は野球とテニスで休日はたまに審判に駆り出されることも(笑)

 

 

さて、そんな私ですがスポーツの審判として色々な人たちと関わりを持つと多くの人が「反射神経を良くしたい、鍛えたい」と口をそろえて言います。

 

そこで、当サイトでは反射神経の鍛え方について私の実体験や化学的根拠に基づいた効率的な鍛え方をご紹介していきたいと思います。

 

 

そもそも反射神経とは?

 

スポーツの場面では、「あの人は反射神経が良いから」「反射神経をもっと鍛えないと・・・」等々、当たり前のように言われる反射神経ですが、実はコレのことを正確に知っている人はあまり多くありません。

 

しかし、考えてみればそれもそのはず。

 

そもそも反射神経という言葉自体は医学的には存在しない後から作られた造語だからです。

 

造語としての反射神経の意味は刺激を知覚してから体が動くまでの速さを比較する際に用いる意味で使われます。

 

ちょっと分かりづらいので具体例でいうと以下のものが挙げられます

 

  • 道に飛び出してき子供を見てハンドルを切る
  • 画鋲を踏んで咄嗟に足を挙げる
  • 熱いヤカンに触って手を引っ込める

 

この動作が早いと反射神経が良いといわれ、逆に遅いと反射神経が悪いと言われるわけです。

 

 

 

ただし、見ての通りこれら動作は日常生活のちょっとした瞬間に発揮されるものが多く、スポーツ選手が求めている能力とは少しズレがあります。

 

実はここが大きな落とし穴です。

 

スポーツ選手が瞬間的な動きの向上を実現したいのであれば、本当に鍛えるべきは反射神経より動体視力です。

 

反射神経と動体視力の違いについては長くなったので>>こちらのページ<<にまとめました。

 

知らなかった!という人は参考にしてみてください。


具体的な反射神経の鍛え方

では、次はいよいよ反射神経の鍛え方をご紹介したいと思います。

 

電車のつり革を握る

tsukin-densha

 

反射神経は「事象」→「認知」→「動作」の流れで求められるので、ランダムで「認知」すべき「事象」が起きる状態であればいつでも行うことが可能です。

 

そこでおススメしたいのが電車の中で行う反射神経のトレーニングです。

 

やり方は簡単で、電車に乗ってつり革に捕まっている際に次の降車駅のアナウンスが鳴った瞬間つり革を「ギュッ」と力強く握るというものです。

 

駅と駅の間隔が長い人は難しいかもしれませんが、都市部で毎日電車通勤をしている人にはぴったりのやり方ですね。

 

もし、つり革が掴めない位置になってしまたのなら、踏切が見えた瞬間に手に力を入れるというようなやり方もOKです。 バリエーションは他にも色々あるので自分にあったものを探したいですね。

 

テレビのCMで鍛える

TVCM

 

TVの暇な時間といえば間にあるCMです。

 

しかし、このCMの時間というのは反射神経を鍛えるツールとしてはもってこいの存在です。

 

やり方はこれも簡単で、CMに男性・女性が出た瞬間に右の手・左の手を上げるという方法です。

 

TVを一緒に見ている家族とどちらが手を上げるのが早いか競いながら楽しくできるのもこのやり方の良いところです。

 

電車は毎日通勤で使っていると次の降車駅のアナウンスがどれくらいで来るかが予想できてしまいます。なそのためトレーニングとしてみると実は結構微妙なのですが、CMは次の出てくるのが女性なのか男性なのかは全く予想ができないので本当の意味でのトレーニングになります。

 

一人暮らしでやるのは虚しいですが(笑)、家族と一緒にゲーム感覚に実践できるのは電車を使った鍛え方には無いメリットですね。

 

反射神経を鍛えるゲームを使う

training

 

最後に紹介するのが反射神経を鍛えるゲームの存在です。世の中に反射神経を鍛えたいという人は山ほどいるのでこういったゲームが作られるのもある意味当然といえば当然です。

 

PC上で出来るブラウザゲームから最近ではスマフォのアプリゲームまでその種類は多岐にわたります。

 

しかし、私はこの手の反射神経を鍛えるゲームには否定的です。

 

理由はいくつかありますが、一つ目はそもそも反射神経を鍛える効果がほとんど無いという点。

 

私たちが反射神経を鍛えたいのはスポーツにおいてハイパフォーマンスを発揮したいからです。そういう意味で小さな液晶画面上の二次元の反射神経を鍛えるゲームと、大きなグラウンド・コートの三次元の反射神経では求められるものが全く違います。

 

更に付け加えると、反射神経ゲームはそれをしている間、眼球が画面に釘づけになって結果的に視力低下につながってしまいます。

 

反射神経は上がったけど、視力は下がったでは洒落になりません。

訓練次第で反射神経はUpする!

kanrinin

 

 

ここまで反射神経の鍛え方について簡単にご紹介してみましたが、いかがたっだでしょうか?

 

0.1秒を争うシビアなスポーツの世界では肉体的な限界から一定のレベルを超えると才能がモノをいう、というのが通説になっています。

 

今まで反射神経といえばその「才能」の部分に含まれるという見方が大勢を占めていました。

 

しかし近年のスポーツ科学に関する研究や一流選手を分析することで反射神経は一部の才能を持った天才だけのものではなく、私たち一般人でもある程度訓練することで鍛えることが可能だということが分かってきています。

 

スポーツをしているとどんなに頑張っても勝てない雲の上のような相手に愕然とすることがありますが、まずは出来ることから一歩一歩、焦らず着実にこなしていきたい限りです。

 

当サイトが皆さんの動体視力を鍛えるための一助になればと思います。

 

ここまでありがとうございました!

 

 

S・U